メインメニュー
ブックマーク

返信する: 普通の雑談



オプション

参照

金融規制-日本の規制について-その2 -信託保全制度
投稿者: xysoom 投稿日時: 2021-10-6 17:46
金融規制-日本の規制について-その2 -信託保全制度



金融商品取引業者(FX業者)は、2007年9月に施行された金融商品取引法第46条の6第2項にて、自己資本規制比率を120%以上に保つことが義務付けられています。To get more news about マネックス証券, you can visit wikifx.com official website.
自己資本規制比率とは
  金融商品取引業者の経営の健全性(安心して利用できる経営状況か)を測る指標のこと。金融商品取引業者が、金融商品取引業を行う上で、保有資産の価格変動等のリスクが顕在化した場合でも、短期間に対応できる支払い能力を有しているかどうかを示す指標です。
自己資本規制比率の義務2
  自己資本規制比率は、毎年3月、6月、9月、12月の四半期ごとに算出し、営業所やホームページ上などで公開する必要があります。
  FX会社の自己資本規制比率は、200%~500%台が一般的です。
  FX会社は自己資本規制比率が高い方が、緊急事態が起きた場合も自己資本で資金をカバーできると考えられます。