メインメニュー
ブックマーク

やはり男性ホルモンの減少による影響が強く出ているのですね

このトピックの投稿一覧へ

不満 やはり男性ホルモンの減少による影響が強く出ているのですね

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016-9-2 12:47
シアリス 
加齢による中折れ、勃起持続力の低下には男性ホルモン(テストステロンやDHEA)の分泌力の減少が絡んできます。


テストステロンは20代をピークにすこしづつ減っていきます。女性のように、閉経による急激な女性ホルモンの減少はないので、見落とされがちだったのですが、男性も更年期障害と言われる症状が加齢、または極度のストレスや緊張によってでてきてしまうのですね。


では…テストステロンが低下してしまう事によって、どんな体の不調が表れるのでしょうか?


それは、性欲の減退や精力がなくなってしまうのが一つ、そして、勃起力自体も低下してしまうのです。


こうなってしまったら持続力自体がなくなってしまう、というのは当たり前ですよね?


そして、うつ症状や、性格的な攻撃性の減少、精神的な不安定状態も同じくでてきます。


例えば…こんな事を聞くことってないですか?


あんなに厳しかった人が年をとると共にまるくなっていった…とか


あんなに怒りっぽかった人が、今ではとても優しくなっている…とか


これは、やはり男性ホルモンの減少による影響が強く出ているのですね。私たちが人である以上、人間が備えているシステムにはどうしても左右されます。


ホルモンが減ってしまうことによって出てくる身体の不調や、性格の変化はその一つです。


あとは、極度の緊張状態やストレスを受けることによってテストステロンの分泌力はかなり落ちます。テストステロンは精巣で生成分泌されているのですが、その生成するための指令は脳の下垂体前葉からだされます。

★男性の勃起力 本物のシアリス
シアリス
★効果抜群!勃起力UP!注目の精力剤
巨人倍増
★男性ホルモンの回復、早漏防止?改善
三便宝
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ