メインメニュー
ブックマーク

パキシルは抗うつ剤としては副作用が少ない薬ですが

このトピックの投稿一覧へ

報告 パキシルは抗うつ剤としては副作用が少ない薬ですが

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 | 投稿日時 2016-9-27 18:48
シアリス 通販 
パキシルは日本では2000年に販売が開始された比較的新しいタイプの抗うつ剤です。成分のパロキセチンはSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)に分類される薬品で、脳内物質のセロトニンに作用して抑うつ症状や強迫性障害、パニック障害、社会不安障害などの治療に使われます。

このパキシルには承認されている適用外の効能として、早漏の改善作用があることが知られています。海外での試験では、射精潜時(挿入から射精までの時間)が平均で24秒という早漏症の患者にパキシルを投与したところ、34~90秒に改善したといいます。

投与の仕方は性行為の5時間前にパキシル20mgを4週間投与したということです。しかしこの方法での早漏改善率は10~30%と高くありませんでした。

現在唯一の早漏改善薬として承認されているのは、やはりSSRIに属するパロキセチンというお薬です。脳内ホルモンのセロトニンに作用するのはバキセルと同じですが、早漏改善率は約70%と高く、射精を遅らせる効果でも服用していないときの3~4倍とパキシルよりもかなり高い効果を示しています。

パキシルは抗うつ剤としては副作用が少ない薬ですが、超短時間作動型のSSRIであるパロキセチンよりは副作用や依存性に気をつけなければなりません。

結論としては、ダポキセチンという早漏治療薬としての適用と安全性が承認されている薬があるのですから、わざわざパキシルを適用外使用する必要はない、ということになります。

ダポキセチンを配合した薬は「プリリジー」という商品名ですが、同成分でそれより低価格のジェネリック医薬品もあります。

早漏改善薬プリリジーの格安のジェネリックはポゼットで、ダポキセチン60㎎が配合されたインドの製薬メーカーが製造する人気早漏薬です。

★勃起を持続させる方法
シアリス 通販
★男性の勃起力 自然の精力剤
巨人倍増
★精力増強、体調回復
威哥王
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ