メインメニュー
ブックマーク

日本医師会雑誌より抜粋(一部改変)

このトピックの投稿一覧へ

なし 日本医師会雑誌より抜粋(一部改変)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 | 投稿日時 2017-2-25 16:37
時間 
日本医師会雑誌より抜粋(一部改変)

現在、漢方薬は医療用漢方製剤として様々な医療機関でも用いられております。
漢方薬は複数の生薬を組み合わせて一つの処方として用いられており、「証」にあった漢方薬を服用することで効果が一層高まると考えられています。
また、漢方薬にも副作用があるので、医師の指示どおりに服用することが大切です。
ed治療薬黒蟻王激安販売の個人購入サイトです

<陰圧式陰茎勃起補助具(EVD)>
最近、日本で医療用具として認可された陰圧式陰茎勃起補助具(EVD)は、陰茎を陰圧にすることで陰茎海綿体内に血液を流入させ、勃起後は、陰茎の根元をリングで締め付けることにより、陰茎の勃起状態を維持するというものです。この用具は、ゲッティング・オズボーン氏が、自分の勃起不全を治療するために開発した用具が起源となっています。安全性が高く効果的であることから、 AUA(米国泌尿器科学会)が「器質性勃起不全の治療ガイドライン」の中で勧告している3つの治療方法の一つにまでなっています。
威哥王は業界最安値で大好評中

<陰茎海綿体内注射>
陰茎海綿体を広げて勃起させる薬剤(塩酸パパベリン、PGE1、フェントラミンなど)を陰茎に注射します。特にPGE1は比較的副作用が少ないこともあり、多く使用されています。米国では、「クエン酸シルデナフィル」の登場までは第一選択の治療方法でした。
この治療方法は効果も高く、確実に勃起することが特徴ですが、セックスの直前に注射しなければならないことが欠点です。日本では自己注射が認められていないことから、ほとんど行われていないのが現状です。

<陰茎プロステーシス>
陰茎プロステーシスは、陰茎海綿体内に棒(プロステーシス)をさしこみ、性交を可能にさせる方法です。現在、日本で使えるプロステーシスは3種類あり、よりよいプロステーシスの登場で満足度があがっているとのことです。手術を行う患者さんは、「パートナーのための手術である」ということを 充分に理解されているようです。ただし、この治療方法は、プロステーシス挿入後は確実に性交が可能となりますが、海綿体を破壊することや陰茎が冷たい等、違和感を訴える患者さんもいるようです。
投票数:4 平均点:7.50
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ